笠間・水戸環境組合
環境組合
組合の概要
位置図
組合組織図
組合財政報告
広報誌
組合計画・報告
環境センター
ごみ焼却処理施設
粗大ごみ処理施設
リサイクルセンター
ごみ搬入マニュアル
ごみ処理の流れ
数字から見たごみ処理
排ガス分析結果
諏訪クリーンパーク
施設概要
水質分析結果
ゆかいふれあいセンター
   
HOME E-mail
ごみ搬入マニュアル
搬入基準
 
   
種類別ごみ一覧表
   
 
可燃ごみ 生ごみ、木、プラスチック類、ビニール類、ゴム類、革類、布類(資源以外)の製品で、可燃ごみの収集袋に入る大きさのもの。(長さ50p以内のもの)
 
生ごみは、十分に水切りをしてください。
紙おむつは、汚物を取り除いてください。
少量の食用油は紙や布に染み込ませてください。
植木の枝等は、直径15cm長さ50cm以内に切ってください。
ゴムホース、ロープは1m50cm以内、ビニールシート、ブルーシートは1m50cm四方以内に切ってください。
金属が付いているものは、不燃ごみに出してください。
ただし、金属部分を取り外せば可燃ごみになります。
外した金属部分は不燃ごみになります。
   
不燃ごみ 金属、ガラス、せともの、陶磁器製のもので、飲み物食べ物が入っていたもの以外のびん・缶など
 
小型家電製品のコードや針金は20cm以内に切ってください。
   
粗大ごみ 家庭用電化製品(電子レンジ、炊飯ジャー、ポットなど)、自転車、家具、ストーブ、ガスレンジ、寝具類、トタン、畳など
 
家電製品のコードは20cm以内に切ってください。
ストーブ類は灯油を抜いてカラにしてください。
トタンは1束、5枚をロール状に丸めてください。
畳は1日10枚までの搬入になります。
家電リサイクル法の指定するエアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機は受付できません。
   
資源物1 びん・缶 
食べ物、飲み物が入っていたもの
 
中身をカラにして水洗いをしてください。
キャップは、必ず外してください。キャップが金属製の場合は不燃ごみに、プラスチック製は可燃ごみになります。
油の入っていた缶、ビンは不燃ごみになります。
錆びた缶、一斗缶は不燃ごみになります。
スプレー缶は、穴を開け資源3になります。
   
資源物2 ペットボトル
ペットボトルのマークがあるボトル状のもの
 
ラベルをはがし中身をカラにして水洗いをしてください。
キャップは、必ず外してください。
キャップが金属製の場合は不燃ごみに、プラスチック製は可燃ごみになります。
油の入っていたペットボトルは可燃ごみになります。
卵のパック、色を付けたもの、細かく切ったものは可燃ごみになります。
   
資源物3 紙類・布類・スプレー缶・有害ごみ
紙類、布類は種類ごとにひもで十字に束ねる
 
ダンボール
 
断面(間)に波板が入っているもの。
ビニールコーティング、ろう引き、金張り、銀張りしてある耐水ダンボールは可燃ごみになります。
生ものが入っていたもので、臭いや汚れのひどいものは可燃ごみになります。
新聞
 
新聞紙はしっかり束ねてください。新聞屋さんでもらえる紙袋を使用してもいいです。
雑誌
 
本類、ボール紙、チラシ類などの紙類はしっかり束ねてください。
FAX用紙、カーボン紙、感圧紙、油紙などの水に溶けない紙、紙以外の見本類は可燃ごみになります。
牛乳パック
 
500mlか1リットルの紙パック
中がアルミコーティングしてあるものは可燃ごみになります。
発泡トレイ
 
発泡スチロール製の食品トレイ 皿状のものは水洗いし、乾かしてから出してください。
カップ麺の容器、発泡スチロールの箱(とろ箱)は可燃ごみになります。
衣類
 
上着、ズボン、シャツ、セーター、肌着、靴下、タイツ、ストッキング、シーツ、タオル、ハンカチ、布団カバーなど汚れていないもの、ボタンやファスナーは外さなくても大丈夫です。
下記のものは可燃ごみまたは粗大ごみになります。
綿類、スポンジが入っているもの、油やオイル、ペンキなどで汚れているもの。
じゅうたん、足拭きマット、トイレカバー、ぬいぐるみ、麦わら帽子、かばん、掛敷布団、電気毛布、こたつ布団、座布団、クッション類、マットレス、ベットマット、ビニール製のもの、裁断くず、枕、毛布は可燃ごみまたは粗大ごみになります。
スプレー缶類
 
スプレー缶類は、中身を使い切り、必ず穴を開けてください。
有害ごみ
 
乾電池…単1単2単3単4などの電池類
ニカド電池(カメラ、ビデオカメラ用など)はリサイクル協力店または販売店に出してください。
蛍光管…蛍光灯、蛍光管、パルックボール
割れたもの、電球、グローランプ類、LED電球は不燃ごみになります。
   
受付できないもの
 
1. 産業廃棄物は搬入できません
2. 下記のものは環境センターで処理できませんので、購入先に相談するか専門業者に依頼してください
家電4品目「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫、冷凍庫」「洗濯機、衣類乾燥機」・車、バイクの部品及びタイヤ、ホイール、バッテリー・ガスボンベ・建築廃材・医療廃棄物(注射器、針等)・灰・コンクリート・液体(農薬、塗料、オイル等)・消火器・農機具・引火性のあるもの(ガソリン、石油等)
   
ごみの自己搬入の仕方
  ※降ろす順番
 
1. 可燃ごみ
2. びん/缶
3. 燃える粗大ごみ(家具・布団等)
4. 不燃ごみ
5. 燃えない粗大ごみ(自転車・電化製品等)
6. 雑誌/新聞/ダンボール
7. 紙パック/トレイ
8. ペットボトル
9.
   
  計量はタッチパネルを操作して入力します。
環境センター内では、ごみの種類によってそれぞれ置く場所が分けられています。混雑緩和のため降ろし易いよう分別してから搬入してください。
   
  受付
 
1 信号が青になったら、計量器に乗ってください。
2 計量をします。
※カードを差し込み「行きの計量」を押してください。画面の操作はタッチパネルです。画面を指で触って進めてください。
3 ゲートが開いたら、入口まで進んでください。
4 係員の指示に従って、ごみを種類毎に分けて降ろします。
5 降ろし終わったら、もう一度計量器に乗ってください。
6 計量をします。
※カードを差し込んでください。
7 料金が発生した場合は、徴収機でお支払いください。
   
  ごみ搬入案内図
   

種類別ごみ一覧表
ごみの分け方・出し方(50音順・PDF形式)

上へ
  2001-2007 The Kasama-Mito Environment Association. All rights reserved.