明治
6年
愛宕山西光院を仮校舎として開校。愛光小学校と名づける。
明治
8年
学校の名を野田小学校と改める。
明治
9年 
新校舎が有志の寄付により竣工。学校名を茂木小学校と改める。  
明治
12年
上花輪、吉春、岩名、横内、山崎の5校が分校となる。 
明治
14年
上花輪校独立する。
明治
19年
吉春、岩名、横内、山崎校独立する。小学校令により尋常科と高等科の二段階となる。
明治
19年
文部省の定める小学校令により、尋常小学校と高等小学校の二段階となる。茂木尋常小学校、茂木高等小学校と改める。
明治
23年
教育勅語が下賜される。
明治
32年
茂木尋常小学校、茂木高等小学校、上花輪尋常小学校、中野台尋常小学校が合併して、野田尋常小学校、野田高等小学校となる。
明治
32年
男子同窓会を創立する。
明治
33年
学校医を初めて置く。知久栄之助就任。
明治
34年
子守学級を開始する。
明治
35年
第一校舎改築工事始まる。
大暴風のため、改築中の校舎倒壊。町民の努力で、直ちに復旧工事にはいる。
音楽隊誕生
明治
36年
第一校舎復旧工事竣工。雨中体操場もできる。建築費一万三千百八十七円十銭。
女子同窓会創立。
明治
40年
野田町大火につき、罹災者を雨中体操場に収容する。
明治
41年
尋常高等両校合併して、野田尋常高等小学校となる。尋常科は二年延長されて、六ヵ年となり、高等科は当分二ヵ年となる。
明治
42年
大運動場において野球競技をはじめて行う。
第六増築校舎竣工する。自彊館(じきょうかん)と名づける。
明治
43年
電話が開通。祝賀式を行う。
明治
44年
校章を設定する。デザインは本校卒業生、訓導茂木林司。
明治
45年
教員の服装改正発布。新制服となる。男子は詰襟。
大正
4年
ストーブを教室に取り付ける。
大正
6年
増築校舎竣工。尋常5年女子移転する。増築費八千九百円。
大正
7年
貧困児童に昼食を日に一合ずつ給食する。
大正
11年
改築校舎落成。一年生が入る。
克己館裏校舎に移転。
大正
12年
新講堂落成。ピアノ一台と楽譜野田醤油株式会社から寄贈される。
大正
12年
関東大震災、講堂、表裏校舎ともに被害甚大。
東町通り新校舎完成 近代的な二階建て校舎
大正
13年
運動会を二日間に分けて行う。
大正
14年
音楽会開催。
昭和
2年
水道敷設工事をする。
新築鉄筋校舎の地鎮祭を挙行。校舎移転工事終了する。
昭和
3年
新築鉄筋校舎竣工。(現在も使われている三年館)
当時の校長先生 松山校長先生
昭和
4年
全校集合の時国旗掲揚することになる。
昭和
5年
校歌制定記念音楽会を開く。作詞、作曲堀内敬三先生。
昭和
6年
自彊館を取り壊す。
鉄筋新校舎建設の地鎮祭を行う。
昭和
7年
増築鉄筋新校舎竣工。(現在も使われている七年館)
昭和
8年
日光浴室で虚弱児の日光浴を行う。
昭和
9年
記念館にストーブの備え付けをする。
昭和
10年
全校鍛錬遠足実施。
中野台九工場の堤防が決壊、危険区域の児童を引率下校させる。
学校衛生全国表彰を受ける。
昭和
12年
防空訓練を行う。
昭和
14年
野田小学校後後援会成立。
毎月一日が興亜奉公日となり、毎朝神社参拝をするようになる。職員は禁酒、禁煙、禁茶を実行する。
校内防空監視哨を設置する。
昭和
16年
野田國民学校となる。
職員に召集令状が来るようになる。
太平洋戦争勃発。
昭和
17年
真鋳手すり帽子かけ、鉄製傘掛けを金属回収で供出する。
昭和
18年
児童の薙刀体操、日本体操を久邇宮妃殿下がご覧になる。
勤労作業が多くなる。
昭和
20年
生産作業が多くなる。
警戒警報、空襲警報の発令多くなる。
太平洋戦争終結。
かぼちゃ、ひまわりなどの種、どんぐりの蒐集。食料事情極度に悪し。
昭和
21年
母の会を結成する。
昭和
22年
野田町立野田小学校と改称する。
野田中学校誕生。校舎は表校鉄筋旧館を使用。
PTAを結成し発足する。
昭和
24年
学校放送の架線工事をする。
昭和
25年
表校東町通りに大谷石の門柱を作る。
野田市立中央小学校と改称する。
対級競技会開催。
昭和
28年
創立八十周年記念式並びに表彰式を挙行する。
プール竣工式挙行。プール開き。
プール堀上の土で、東町側の土手を築き、完工する。
昭和
30年
松山記念碑除幕式を行う。

現在の記念碑
昭和
31年
宮崎分校開設。
昭和
32年
宮崎小学校独立、開校。
昭和
33年
特殊学級開設。
昭和
37年
NHKラジオ体操全国放送会場となる。
昭和
38年
裏校舎取り壊し作業開始。
昭和
39年
講堂取り壊し作業開始。
木造2階建て校舎取り壊し作業開始。
昭和
40年 
新校舎竣工。管理棟及び三階建校舎。

    管理棟(現在)


   新校舎(現在)
市内小中学校相撲大会優勝。
昭和
41年 
体育館落成式挙行する。

現在の体育館
PTAバザーを実施する。
昭和
42年 
PTA事業として理科室前に岩石園を造る。
昭和
43年
家庭教育学級開校する。
昭和
44年
校歌碑の除幕式を行う。
            中野栄三郎先生揮毫校歌碑    
一誠園の造園終わる。
昭和
45年 
千葉県に教頭複数制がしかれ、県下初めての複数教頭が本校に実現する。
ことばの教室裏校庭に新築校舎落成。
昭和
46年 
学年別教材戸棚完成。
昭和
47年 
創立百年記念世話人総会を開催する。
学校給食完全実地。センター方式。
昭和
48年 
創立百年記念式典挙行。

創立百周年記念事業として百年記念館建設(建設当時の記念館)
昭和
49年 
清水台小学校独立する
昭和
51年 
千葉県教育委員会功労者表彰(団体)受賞
昭和
52年 
体育館照明設備完成
昭和
53年 
県造形大会会場として全学級授業公開
第9回全国造形作品展に全国最優秀校となる
昭和
54年 
三年館窓取替え工事完了
昭和
57年 
創立百十周年記念式典挙行

       百年資料館

創立百十周年を記念して、七年館二階に作られた。ここに掲示された史料の多くが、現在の教育史料館にも掲示されている。

        博物館

創立百十周年を記念して、七年館三階に作られた。ここに展示されたものの多くは、校内に残されていたものと寄贈されたものである。
新校旗寄贈される
昭和
62年 
管理棟及び新校舎窓枠取替え並びに内外塗装工事完了
昭和
63年 
七年館の内外塗装及び三年館の内外塗装完了
新校舎教室、廊下床張り工事完了
平成
元年 
体育館窓枠取替え並びに内外塗装完了
平成
2年 
県、市指定「教育放送利用研究校」公開研究会
平成
3年 
新館と七年館の通路完成
平成
4年 
東葛飾教育センター「生活科講座」会場校として生活科社会科公開
創立百二十周年記念式典挙行

教育史料館開設
裏校庭の改修工事
平成
5年 
高梨文庫開設
第二教育史料館開設(これまでの百年資料館)
平成
6年 
科学技術庁長官賞受賞
校長室の改修及び第三教育史料館開設(旧校長室の復元)
歴代校長先生が使っていた机     会議用机と椅子
机の蓋は蛇腹式(平成6年まで使用)
平成
7年
情緒障害児学級開設
平成
8年 
通級指導教室開始(言語)
平成9、   10年  野田市学校同和教育研究実践校
平成
15年
創立130周年記念式典挙行
野田市立中央小学校沿革