6001 桜と剣 わが三代のグルメット 村上兵衛 昭51年 3,000
6002 ある日、赤紙が来て ●応召兵の見た帝国陸軍の最後 真鍋元之 昭56年 3,000
6003 われレパルスに投弾命中せり-ある陸攻操縦員の生還 岩崎嘉秋 1990年 3,000
6004 拷問 権力による犯罪 森川哲郎 昭55年 2,000
6005
6006 零戦 黒雲隊 萓沼 洋 昭39年 2,000
6007 歴史のなかの日本海軍 野村 実 1980年 3,000
6008 決断 ビスマルク号最後の9日間 C・S.フォリスター著実松譲訳 昭52年 3,000
6009 蒼空の器 若き撃墜王の生涯 豊田 穣 1979年 3,000
6010 それぞれの戦争 カバー無 豊田 穣 昭57年 2,500
6011 海軍兵学校物語 鎌田芳朗 昭54年 3,000
6012 タイガー・テン 零戦捕獲作戦 ブランケンシップ著豊田穣訳 1979年 3,000
6013 コンバット2 -第二次世界大戦・太平洋戦域 ドン・コンドン編宇都宮直賢訳 1975年 3,000
6014 ルソン戦記 ベンゲット道 高木俊朗 1985年 5,000
6015 熱河宣教の記録 飯沼二郎編者 1965年 3,000
6016 艦隊山越え 征服王スルタン・メフメット 豊田 穣 昭49年 3,000
6017 海軍的思考法に学ぶ 吉田俊雄 昭60年 3,000
6018 地獄の戦場 硫黄島・摺鉢山の決戦 R・ホイラー著堀江芳孝訳 1981年 3,000
6019 提督伊藤整一の生涯 吉田 満 1982年 3,000
6020 学徒兵らくだ君 武田 専 昭56年 3,000
6021 拝啓天皇陛下様 ほか四編 棟田 博 昭49年 3,000
6022 青春と泥濘 ほか五編 火野葦平 昭53年 3,000
6023 シベリア黙示録 強制労働収容所の元日本兵たち 小松茂朗 昭60年 3,000
6024 あゝ応召兵 南方転戦二〇〇〇日 津村敏行 1978年 3,000
6025 日本海軍の戦略発想 敗戦直後の痛恨の反省 元連合艦隊参謀 千早正孝 1982年 3,000
6026 日本軍が銃をおいた日-太平洋戦争の終焉- ルイス・アレン著長尾睦也・寺村誠一訳 昭51年 3,000
6027 空の剣 豊田 穣 昭46年 3,000
6028 戦争と人間の記録 日本本土防空戦 B29撃滅作戦秘録 渡辺洋二 1979年 3,000
6029 日本潜水艦戦史 元海軍少佐 坂本金美 1979年 3,000
6030 細菌戦軍事裁判 山田清三郎 昭56年 3,000
6031 日本兵 カバー無 霜田正次 昭51年 3,000
6032 海軍兵学校物語 鎌田芳朗 1981年 3,000
6033 サクラサクラ ペリリュー島洞窟編 元斬込平 舩坂 弘 昭42年 3,000
6034 自決 森近衛師団長惨殺事件 飯尾憲士 1982年 3,000
6035 闘魂・硫黄島 堀江芳孝 昭40年 3,000
6036 ドイツ海軍戦記 C・D・ベッカー著杉野 茂訳 1980年 3,000
6037 ソロモン海『セ』号作戦 敵中突破、機動舟艇部隊 種子島洋二 1975年 3,000
6038 世界の特殊部隊 秘められた救出作戦の全貌 土井 寛 昭52年 3,000
6039 麦と兵隊 ほか八編 火野葦平 昭53年 3,000
6040 Dデイ ノルマンディー上陸作戦の回顧 アイゼンハウアー財団編者向後英一訳 昭47年 3,000
6041
6042 福岡大空襲 西日本新聞編 昭49年 5,000
6043 空母瑞鶴の生涯 豊田 穣 1982年 3,000
6044 開聞岳 爆音とアリランの歌が消えてゆく― 飯尾憲士 1985年 3,000
6045 沖縄軍司令官牛島 満 奥田鑛一郎 昭60年 3,000
6046 1944年の戦士 ウイリアム・P・マッギヴァーン著乾信一郎訳 昭56年 3,000
6047 鉄十字」の翼 ドイツ空軍(1914〜1945) ジョン・キレン著内藤一郎訳 昭48年 3,000
6048 帝国陸海軍の総帥 日本のリーダー 第3巻 豊田 穣他 1983年 2,000
6049 マレー沖海戦 豊田 穣 昭57年 3,000
6050 教え子に語る私の戦史@ はりきり将校奮戦記 畠山英数 1982年 5,000
6051 山本五十六検死ノート 山本の死をめぐる虚構と真実 医学博士 蜷川親正 昭46年 5,000
6052 流氷の海 ある軍司令官の決断 相良俊輔 昭48年 3,000
6053 語りつぐ戦争 福岡県教祖編 福岡県教職員組合編者 1979年 3,000
6054 九州終戰秘録 上野文夫 昭28年 5,000
6055 強襲部隊 米最強スペシャル・フォースの戦闘記録 マーク・ボウデン著伏見威蕃訳 1999年 3,000
6056 シベリアの勲章 収容所群島のサムライたち 鈴木俊雄(最後の帰還者) 昭59年 2,000
6057 聖断 天皇と鈴木貫太郎 半藤一利 昭60年 4,000
6058 ひめゆりの少女 十六歳の戦場 宮城喜久子 1995年 2,000
6059 ジャワ攻略戦とガダルカナル玉砕戦 木村竹治 1982年 5,000
6060 特攻の思想<大西瀧治郎伝> 草柳大蔵 昭47年 5,000
6061 地と影 ほか十二編 棟田 博 昭49年 2,000
6062 父の戦記 週刊朝日編者 昭50年 2,000
6063 落日の戦場 伊藤桂一 昭40年 2,000
6064 ルソンの砲弾―第八師団玉砕戦記 河合武郎 1990年 5,000
6065 辻政信と七人の僧 奇才参謀と部下たちの潜行三千里 橋本哲男 昭62年 3,000
6066 兵隊の青春 久留米荘島情死事件 木村寿夫 昭61年 5,000
6067 悪魔の日本軍医 元陸軍軍医大尉 石田新作 昭57年 2,000
6068 海と弾痕 三好 徹 1976年 3,000
6069 陸軍中野学校 E続ゲリラ戦史 畠山清行 昭49年 5,000
6070 聖断 天皇と鈴木貫太郎 半藤一利 昭60年 5,000
6071
6072 戦地憲兵 中国派遣憲兵の10年間 元陸軍憲兵曹長 井上源吉 1980年 4,000
6073 零式戦闘機 吉村 昭 昭53年 3,000
6074 蒼空の器 若き撃墜王の生涯 豊田 穣 1979年 4,000
6075 標流記 豊田 穣 1980年 5,000
6076 ラサ島守備隊記 森田芳雄 昭43年 5,000
6077 一青年将校 終わりなき二・二六事件 高橋治郎 昭61年 3,000
6078 真珠湾作戦回顧録 元第一航空艦隊参謀 源田 実 昭47年 3,000
6079
6080 山本五十六死す 山本長官襲撃作戦の“演出と実行” バーク・ディヴィス著吉本晋一郎訳 昭51年 5,000
6081 アメリカ陸軍統師法 リーダーシップと管理の52条 アメリカ陸軍中将(退役)エドワード・M・フラナガンJr著木瀬 完訳 1986年 2,000
6082 大空のサムライ 可能性に挑戦し征服する極意 戦話篇 第二次大戦撃墜王 坂井三郎 昭60年 2,000
6083 叛逆の密書 ダンカン・カイル著佐和 誠訳 昭54年 2,000
6084 提督角田覚治の沈黙 一航艦司令長官テニファンに死す 元一航艦一二一空飛行士 横森直行 昭63年 3,000
6085 天皇制国家の謎 市村其三郎 1978年 2,500
6086 密林に消えた兵士たち 私のダバオ戦記 三宅善喜 昭56年 5,000
6087 山本五十六と米内光政 付・連合艦隊始末記 元海軍省教育局長 高木惣吉 昭57年 2,000
6088 改訂 福岡大空襲 西日本新聞編集 1978年 3,000
6089 長良川 豊田 穣 昭46年 3,000
6090 山本五十六 阿川弘之 昭40年 3,000
6091 最後の飛行 ジョン・ボール著沢川 進訳 昭48年 2,000
6092
6093 必勝の戦理学 正攻と奇襲 武岡淳彦 1985年 2,000
6094 ハノイは燃えている ハリソン・E・ソールベリ著朝日新聞外報部訳 昭42年 3,000
6095 太平洋戰爭の大海戰史 レイテ湾の日本艦隊 ジェームス・A・フィールドJR著中野五郎譯 昭24年 10,000
6096 興亡秘話 安岡正篤 昭32年 3,000
6097 日本飛行機一〇〇選 野沢 正 昭50年 3,000
6098 あゝ同期の桜 かえらざる青春の手記 海軍飛行予備学生第十四期会編者 昭42年 2,000
6099 アナタハン 歸還者 丸山道郎 昭26年 4,000
6100 知覧 高木俊朗 昭45年 3,000
6101 山本元帥傳 本間樂寛 昭18年 5,000
6102 必勝國民讀本 コ富猪一郎 昭19年 2,500
6103 貴三郎一代 カバー無 有馬頼義 昭40年 3,000
6104 ヒットラー わが鬪爭 大久保康雄譯 昭12年 8,000
6105 兵学のすすめ 経営の機眼 竹内芳夫 昭54年 1,500
6106 北一輝諭 村上一郎 1972年 3,000
6107 英国軍陸軍参謀総長アランブルック元帥参謀総長の日記 1939―1943 アーサー・ブライアント著新庄宗雅訳 昭55年 8,000
6108 サムライ戦車隊長 あゝ鉄血戦車隊 元島田戦車隊長 島田豊作 昭48年 3,000
6109 太刀洗飛行場物語 桑原達三郎 昭56年 3,000
6110 戦艦武蔵ノート 吉村 昭 1978年 3,000
6111 小さな皇軍 江崎誠致 昭53年 3,000
6112 太平洋戦争の史実から、今日何を学ぶか 村上 薫 昭62年 3,000
6113 バルチック艦隊の潰滅 ノビコフ・プリボイ著上脇 進訳 昭53年 2,000
6114 帝国海軍の内なる敗因 海軍を斬る 元本営海軍参謀 実松 譲 1982年 2,000
6115 天皇の戦争責任 井上 清 1975年 3,000
6116 実録 第二次世界大戦 運命を変えた、六大決戦 秦 郁彦 昭59年 3,000
6117 総員起シ 吉村 昭 昭50年 3,000
6118 見えない戦争 篠田八郎 昭54年 3,000
6119 見知らぬ戦場 長部日出雄 1986年 3,000
6120 二等兵は死なず 豊田 穣 昭54年 3,000
6121 ニューギニア・還らざる兵士 「戦死」の疑惑を追って カバー無 草賀類子 昭58年 3,000
6122 初年兵日記 朝香進一 昭57年 3,000
6123 日本潜水艦隊血戦秘録 伊号58帰投せり 橋本以行 昭27年 3,000
6124 銀鯨作戦 PART U 田中新造 昭52年 3,000
6125 日本海軍英傑伝 日本海軍人物太平洋戦争 実松 譲 昭51年 3,000
6126 天皇の島 児島 襄 昭42年 3,000
6127 二下級将校の見た帝国陸軍 山本七平 昭52年 3,000
6128 遠い日の戦争 吉村 昭 昭53年 3,000
6129 兵士の現代史 二・二六から敗戦へ 竹森一男 昭48年 3,000
6130 あ号作戦 マリアナ沖海空戦前後 元海軍報道班員 堀川 潭 1978年 4,000
6131 あゝ零戦一代 カバー無 横山 保 昭52年 2,000
6132 あゝ伊号潜水艦 海に生きた強者の青春記録 元伊41潜艦長 板倉光馬 昭51年 3,000
6133 ある水兵の戦記 鹿野正伍 昭53年 3,000
6134 江田島教育  豊田 穣 昭56年 3,000
6135 華北戦記 八路軍との戦い 元北支派遣軍・桐兵団 桑島節郎 1980年 3,000
6136 最後の飛行艇 海軍飛行艇栄光の記録 日辻常雄 昭58年 3,000
6137 日本海軍航空隊戦史 さらば海軍航空隊 奥宮正武 昭54年 3,000
6138 非情の空 ラバウル零戦隊始末 高城 肇 昭45年 3,000
6139 学徒兵の青春 学徒出陣五〇年目の答案 奥村芳太郎編著者 平5年 4,000
6140 紅染めし 従軍看護婦の手記 永田龍太郎編者 昭52年 3,000
6141 陸軍へんこつ隊長物語 満州守備隊の姑娘浴場 後藤四郎 昭55年 3,000
6142 ノルマンディー侵攻作戦 彼らは来た パウル・カレル著松谷健二訳 昭47年 3,000
6143 蒼空の器 若き撃墜王の生涯 豊田 穣 1980年 3,000
6144 あゝ神風特攻隊 むくわれざる青春への鎮魂 安延多計夫 昭52年 3,000
6145 日本海軍英傑伝 カバー無 実松 譲 昭55年 4,000
6146 蒼空の器 《撃墜王・鴛淵孝大尉》 豊田 穣 昭58年 5,000
6147 世界戦車戦史 木俣滋郎 1983年 3,000
6148 戦略論 間接的アプローチ リデル・ハート著森沢亀鶴訳 1987年 5,000
6149 シベリヤ捕虜志 ―その真因と全抑協運動― カバー無 斎藤六郎 昭56年 2,600
6150 鷲は飛び立った ジャック・ヒギンズ著菊池 光訳 1992年 3,000
6151 世界史の中の山本五十六 歴史を動かした英雄たちの研究 豊田 穣 1992年 3,000
6152 馬賊戦記 (上)小日向白朗と満州 朽木寒三 昭50年 2,400
6153 ツシマ バルチック艦隊の潰滅 ノビコフ・プリボイ著上脇 進訳 1984年 5,000
6154 連合艦隊戦訓48 ―戦訓から学ぶ発想の転換 佐藤和正 1989年 2,500
6155 受取人巣鴨プリズンに在所せず 赤田哲也 1982年 3,000
6156 ドキュメンタリー 真珠湾 牛島秀彦 昭51年 3,000
6157 ブーゲンビル―墓島― 新聞記者が語りつぐ戦争@ 読売新聞大阪本社社会部編者 平3年 3,000
6158 [続]陸軍へんこつ隊長物語 さむらい商法編 後藤四郎 昭57年 3,000
6159 烈日サイパン島 中日新聞社会部長白井文吾編者 昭54年 3,000
6160 蛍の河 伊藤桂一 昭57年 2,500
6161 日中戦争の悲劇―写真で綴る中国からの証言― 馬振犢・陳仲丹・林慧敏著藤尾直正・藤尾玲子訳 1996年 4,000
6162 最後の鎮魂 シベリヤ物語 松下 忠 1996年 3,000
6163 敷島隊死への五日間 神風特攻隊長関行男と四人の若者の最後 根本順善 1995年 3,000
6164 昭和動乱の真相 カバー無 安倍源基 昭52年 5,000
6165 米國に使して 日米交渉の囘顧 野村吉三郎 昭21年 5,000
6166 回想 太平洋戦争 アメリカ海兵隊員の記録 ウィリアム・マンチェスター著猪浦道夫訳 昭59年 3,600
6167 日本軍事史叢話 松下芳男 昭52年 5,000
6168 昭和の軍閥像 松下芳男 昭55年 7,000
6169 流轉の王妃 滿州宮廷の悲劇 愛新覺羅 浩 昭34年 3,000
6170 日本の軍隊ものしり物語 熊谷 直 1995年 3,000
6171 日本人と戦争 ロベール・ギラン著根本長兵衛・天野恒雄訳 1979年 3,000
6172 東京裁判 下 勝者が敗者を裁けるか 弁論・判決編 朝日新聞東京裁判記者団 昭58年 3,000
6173 天皇の叛徒 炎の昭和史 楳本捨三 昭49年 2,600
6174 大艦巨砲主義の盛衰 奥宮正武 1989年 3,000
6175 満州叢書/祖国への道F 満蒙開拓少年義勇軍 山田健二 昭58年 3,000
6176 将軍の遺言 遠藤三郎日記 宮武 剛 昭61年 3,000
6177 「ファウスト」作戦 書記長暗殺計画 F・二ェズナンスキイ著原 卓也訳 昭62年 2,000
6178 世紀末から見た 大東亜戦争 戦争はなぜ起こったのか 勝田吉太郎他 1991年 3,000
6179 海軍航空隊始末記 戰闘篇 源田 實 昭37年 3,000
6180 レイテ沖海戦 半藤一利 1999年 4,000
6181 言葉と戦車 加藤周一 昭44年 3,000
6182 終戦秘話 一つの帝国を終わらせた秘密闘争 レスター・ブルークス著井上 勇訳 昭43年 6,000
6183 ヒトラーvs.スターリン 独ソ開戦 盟約から破約へ ヴェルナー・マーザー著守屋 純訳 2000年 7,000
6184 世界戦車戦史 木俣滋郎 1983年 3,000
6185 陸軍ファシズムと天皇 田口利介 昭61年 4,000
6186 空母雷撃隊 艦攻搭乗員の太平洋海空戦記 金沢秀利 2002年 3,000
6187 警備隊の鯉のぼり 伊藤桂一 昭60年 3,000
6188 激動昭和の領袖 日本のリーダーL 山田野理夫他 1982年 2,800
6189 新「南京大虐殺」のまぼろし 鈴木 明 1999年 4,000
6190 日本特攻艇戦史―震洋・四式肉薄攻撃艇の開発と戦歴 木俣滋郎 1998年 4,000
6191 戦争秘録 中支湖南戦線とブーゲンビルの死闘 当時第六師団野砲兵第六連隊 半澤(旧姓 田上)幸親 1987年 2,800
6192 戦争論 絶対平和主義批判 西部 邁 1991年 3,000
6193 満州国の遺産 歪められた日本近代史の精神 黄 文雄 2001年 3,000
6194 死者の土地 かたりべの太平洋戦記 菊村 到 昭54年 2,600
6195 華中第一線 森金千秋 昭56年 4,000
6196 奇跡の雷撃隊 ある雷撃機操縦員の生還 元海軍少尉 森拾三 昭51年 3,000
6197 自伝的日本海軍始末記 帝国海軍の内に秘められたる栄光と悲劇の事情 高木惣吉 昭46年 6,000
6198 児玉誉士夫随想・対談 われかく戦えり 児玉誉士夫 昭50年 3,000
6199 提督の決断 豊田 穣 昭58年 4,000
6200 パール博士の日本無罪論 増補改訂 田中正明 平7年 3,000