小江戸川越・古本屋えんどう 埼玉古書籍同業組合員 (全古書連加盟店) 古物・ネット取引:埼玉県公安委員会許可43133A0434



雑  書  案  内



書籍の買取について
埼玉県を中心に買取のご相談に応じております。
お気軽にご連絡下さい。




お問い合わせ・ご注文は  でお願いします

発送準備もあり、ご注文メールと同時に「配送先:〒番号、ご住所、お名前」をお知らせ下さい


お支払い・配送等の詳細はこちらから



「古沢太穂全集+補遺」特売:新品2点 6500円

新俳句人連盟と袖触れ合う程度の縁があり、「古沢太穂全集&補遺」の特別販売(2点定価:13000円を6500円にて)させていただく事になりました。

「古沢太穂全集(2013年2刷・新俳句人連盟発行)」 8000円⇒4000円
「補遺・戦後俳句の社会史+CD版全集(2015年1刷)」5000円⇒2500円

送料:ゆうパック・60サイズ


戦後、荒廃の中から俳句総合誌・結社誌が次々と復刊、創刊されました。
 俳句の創作に希望を抱いた当時の青年たちは戦後の新しい社会の発展をめざすとともに 俳句の可能性について大いに語り合いました。
 戦後俳句の社会史を回顧展望できる一冊です。 (新俳句人連盟会員宛挨拶文から抜粋)
本ディスク「電子版(CD)古沢太穂全集:補遺・戦後俳句の社会史」は「古沢太穂全集」「古沢太穂全集補遺・戦後俳句の社会史」の2冊をPDファイル形式で収録しています。「目次」の各項目をクリックすると、本文の該当ページへ移動することができます。
また、本文テキスト検索が可能です。
その他の機能はユーザーが使用する閲覧ソフトによります。
著作権保護のため、パソコン等から印刷しても、綺麗に印刷できないように設定しております。(販売資料文から抜粋)



小江戸 川越 「古本屋えんどう」 倉庫・発送センター

 
〒350−0011 埼玉県川越市久下戸1161−1 

 メール:hurubin@gray.plala.or.jp (FAX) 049−235−1302

江戸 川越 散歩



店主の独り言「漫歩径:古い古い独り言」

田植えを前に(2017年5月7日撮影)

5月7日(日)、近所の農家が田植えの前に、用水路土手の草刈掃除に集合する姿(軽トラ群)は壮観である。さる東北の片田舎では、家畜で農耕をしていた時代は、土手の草は家畜の餌として刈り取られ、綺麗に手入れされていた。
用水路の水も綺麗で、水藻が生え、流れをよくするために、これを刈り取るのが共同作業だったと記憶している。
以前にも書いた記憶があるが、この時期になると、田圃を散歩するのが、後ろめたく感ずる。
小学4年生頃から、「田植え休み」があり、農繁期の手伝いが当たり前だった時代で、子供達も半人前ながらも戦力となった。
「田植え休み」の分は、夏休み、冬休みが短く、授業単位は、都会と変わらぬような仕組みになっていたようだ。地方によっては、「蚕休み」もあったようだ。
放送中のNHK朝ドラの舞台が、ちょうど家畜農耕から耕運機へと変化していこうとする時期で、都会も農山村も激動と言える時代だった。
                              (2017年5月9日)

こちらのお店にも、寄り道してみてください.

埼玉古書組合 日本の古本屋 古書籍ひやま書店
北村書店
春日書店 古本ねこや
ドッグファーム比企 新俳句人連盟 ヤフーショップ・古本やえんどう